VOICE お客様の声

お客様の声
一覧に戻る
NEW

のびのび過ごせる2列型キッチンの家

東京都品川区 S様/マンション

東京都品川区。商店が軒を連ねた暮らしやすそうなまちにある、中古マンションのリノベーション。
第二子誕生に伴いお子さんのためのスペースをつくるため、リビングと隣の個室をつなげ、新たにこども部屋をつくりました。キッチンを2列型にして通路と作業スペースを兼用にしたり、収納スペースの扉を取って部屋を広く使えるようにしたりと、空間を有効活用。
ご家族4人で伸び伸び過ごせる、明るく使いやすいおうちができました。

S様 ご家族の紹介

優しく朗らかな雰囲気のご夫婦と、歌が好きな2歳のお姉ちゃん、生後4ヶ月のかわいらしい妹さんの4人家族です。
新しい家では、広くなったこども部屋で、生まれたばかりの妹さんを囲んでご家族みんなでゆったりと過ごされています。

Elephant at sunset

家づくりのきっかけを教えてください

Elephant at sunset

奥さま:こどもが一人増えることになり、もともと住んでいた賃貸が手狭になったので引っ越しを考えたのがきっかけです。賃貸・購入の両方を視野に入れて物件を探したところ、前の家の生活圏内にいまの家が見つかりました。結構年季が入っていたので、リノベーションして住むことにしました。

WAKATTEに決めたポイントは?

奥さま:インターネットを中心にリノベーション会社を探す中で、インスタグラムの広告でWAKATTEさんを見つけました。子育て中の主婦の方が運営されているところに興味を惹かれ、ホームページ経由でお問い合わせしました。打ち合わせでもとてもお話しやすく、女性目線で家事や育児のことを理解してもらえながら家づくりができそうだな、と思ったことが決め手になりました。

Elephant at sunset

リノベーションでこだわった点はありますか?

Elephant at sunset

奥さま:もともとリビングと隣の部屋との間に壁があり、扉を閉めると結構狭かったので、こどもの遊ぶスペースをつくるため、壁を取って部屋どうしをつなげたいという希望を出しました。
キッチンは、壁付け1列だったのを2列型にしました。キッチンの壁のタイルは、手持ちのブルー系の家具やキッチン自体のブラウンの色味との相性も考えながら、イメージにぴったりはまるものが見つかるまで、カタログを色々と見せていただきながら時間をかけて選びました。
壁紙は白を基調としつつ、こども部屋の一面だけ種類を変えてアクセントにしました。トイレの壁紙は、床のタイルに合うような紺色にしました。

WAKATTEとの打ち合わせで印象的だったエピソードはありましたか?

奥さま:こちらからの当初の希望は、リビングと隣の部屋をつなげたい、ということぐらいで、あとはWAKATTEさんにアドバイスをいただきながら計画を進めました。家事のしやすさや使い勝手をよくわかっていらっしゃったので、「そのとおりにお願いします」という感じで。特にキッチンを2列にするというアイデアは知らなかったので、ご提案いただけてよかったです。
壁紙や床、扉などの色味についてもアドバイスをいただきながら選びました。色味はそこまでイメージできていなかったので、アドバイスが参考になりました。たとえば扉だけ濃い色にすることをご提案いただいて、できあがってみると全体の雰囲気にちょうどよく合っています。
限られた予算におさめていただきながら、やりたいことを実現してくださったのが本当に助かりました。

Elephant at sunset

住み心地はいかがですか?

Elephant at sunset

奥さま:とても心地よく暮らしています。特にキッチンは、2列に分かれたことで使いやすくなりました。
お気に入りの場所は、リビング横のこども部屋。リビングとつながって広々と使えるようになりました。窓からの光が差し込んで、昼間は電気をつけなくても十分明るいです。こどもも新しい家を気に入って、走り回って遊んでいます。親戚が来たときには客間として使うこともでき、まさに理想的なスペースになりました。
玄関からすぐにお風呂や洗面所に行けたりと、生活動線もとても使いやすいです。

ご主人:家では料理を担当しているんですが、キッチンが2列になったことでシンク側とコンロ側で別の作業をおこなえるので、限られたスペースを有効活用できるようになりました。とても使いやすいですね。
また、こども部屋の天井付近に収納棚をつくっていただいたことで、こどもが使う道具などをしまえるようになったのも便利です。この収納は大きいですね。他にも、こども部屋の一角にもともとついていたクローゼットの扉を取ったり、寝室も元の和室で押入だった場所を部屋とつなげてカーテンで仕切ったりしたことで、部屋を広く使えるようになりました。
お気に入りの場所は、リビングのソファーです。仕事柄、帰りが遅く、帰宅したらみんな寝ているので、音を立てないよう気をつけながら晩酌にひたるのが、一日のリラックスタイムです。




各部屋の写真や間取りが分かる、施工事例ページもぜひご覧ください。

TOP