VOICE お客様の声

お客様の声
一覧に戻る

仕事や家事がはかどるデザイナー夫婦の家

東京都板橋区 H様/戸建て

東京都板橋区の閑静な住宅街にある、木造戸建てのリノベーション。
ご夫婦とも本職がデザイナーで、家でのお仕事も多いおふたり。ご夫婦それぞれ集中できる仕事スペースを確保しながら、忙しい日々の中でストレスなく家事ができるよう、家事動線にも配慮しました。
お仕事にプライベートに充実したご夫婦の、センスと好きなものが隅々まで詰まった、心地よいおうちができました。

H様 ご家族の紹介

楽器やゲームがお好きなご主人と、映画鑑賞やスポーツがお好きな奥さま。
新しい家では、お部屋でお仕事をしたり、リビングで映画を見たり、デッサン教室を開催したりと、ご夫婦それぞれの好きな場所で、好きなことをしながら過ごされています。

Elephant at sunset

家づくりのきっかけを教えてください

Elephant at sunset

ご主人:結婚してしばらくは、実家の隣にある1LDKの家に住んでいましたが、コロナ禍で夫婦ふたりともテレワークに。テレワーク自体は楽しかったですが、作業スペースが足りなかったり、お互いの会議内容が聞こえてしまったりと不便が出てきました。
仕事環境だけでなく、夫婦の次のフェーズとして将来こどもができたときのことを考え、家づくりを計画しました。両親にも相談の上、もともと住んでいた家の隣に両親が持っていた2階建ての戸建てをリノベーションして住むことに決めました。

奥さま:ふたりともデザイナーなので広い作業スペースが必要でしたが、前の家では寝室をわたしの仕事場と兼用しており、部屋の半分が作業台に。横にベッドがあると気が散ってしまうという問題もありました。
夫は夫で、玄関の飾り棚を作業場にしていたりと、お互い大変でしたね。

WAKATTEに決めたポイントは?

ご主人:インターネットでリフォーム会社を探して複数社検討しましたが、なかなか思い通りの会社が見つかりませんでした。友人が偶然ホームテックで働いていたので相談したところ、WAKATTEさんを紹介していただきました。
最初の相談の際に、誠実にお話を聞いてもらえたことが、決め手になりました。

奥さま:別の会社で新築も検討しましたが、いざ進めようとすると隣の家の「離れ」の扱いとなり、お風呂がつけられないといった問題が発生。また新築だとコストもかかってしまうため、リノベーションに決めました。

Elephant at sunset

リノベーションでこだわった点はありますか?

Elephant at sunset

ご主人:生活動線や機能性は妻、インテリアとレイアウトは僕の意見を反映しました。ふたりともデザイナーで色を扱う仕事をしているので、壁紙は部屋ごとにニュアンスを変え、自分たちらしいカラーを考えて選びました。たとえば仕事場の壁紙の一部は、夫婦それぞれのイメージで僕はオレンジ、妻は青というコントラストにしています。差し色以外はベージュでトーンを落とし、落ち着いた雰囲気にしました。

奥さま:来客が多いので、1階はおもてなしもできるよう生活感をできるだけなくし、2階は気がねなく散らかせるプライベートな空間と、機能を分けました。
洗濯機が1階にあると洗濯物をソファーに置いてしまったりするので、洗濯機置場はどうしても2階にしてほしい、とお願いしました。洗濯機置場は散らかりがちな分、テンションを上げたいなと思い、ラボのように黒い壁紙を使いました。
映画鑑賞が好きなので、ずっとほしかったホームシアターもつけてもらいました。スクリーンの部分には当初柱があったのですが、柱を抜いて、人が来たときにも座れるベンチをつくっていただきました。

WAKATTEとの打ち合わせで印象的だったエピソードはありましたか?

ご主人:一階の僕の仕事場は、人を呼ぶことも想定してガラス張りに。仕事中にリビングやキッチンにいる家族が見渡せるようにしたかったのですが、既製品のガラス窓では座ると目の前が壁になってしまうサイズしかありませんでした。どうしてもそこは譲れなかったので、WAKATTEさんに相談したところ、一から寸法を起こして特注でつくってくださいました。
いずれこどもの勉強スペースにして、一緒に並んで座れたらいいですね。

奥さま:購入予定だった外国製の食器棚が、スエズ運河の座礁事故やコロナ禍の影響で、入荷の目処が立たないという事態に。WAKATTEさんに相談したところ、予算内でグリーンポイントも適用できる代替品を探してくださいました。

Elephant at sunset

住み心地はいかがですか?

Elephant at sunset

ご主人:各々が家の中で好きなことをできるようになりました。実際に生活する中で、ここをもっとこうしたいと細かな要望は出ていますが、自分たちがこだわってつくった空間なので目を潰れます。ずっと宝物の中で生活している感じで、楽しいですね。
先日は1階のスペースを使って、コロナ禍で一年以上お休みしていたデッサン教室を再開しました。

奥さま:家から出なくなりましたね。映画を見たりベンチに寝転がったりと、夫婦それぞれ好きなように過ごしています。
仕事場を寝室と分けたことで、仕事に集中できるようになりました。


家事動線も良くなりました。脱衣所が1階なので洗濯物を2階に持っていくのが面倒かな、と懸念していましたが、寝る前に2階へ持っていき、朝洗濯機を回すというルーティンができたので、意外と楽ちんです。キッチンも前より広くなったことで使いやすくなり、夫も積極的に参加してくれるようになりました。




各部屋の写真や間取りが分かる、施工事例ページもぜひご覧ください。
https://www.wakatte.jp/renovation/1798/

TOP