REFERENCE リノベーション実例

戸建てリノベーション|仕事と家事のはかどるデザイナー夫婦の家
東京都板橋区

  • 5_DSC2824
    • リビングに入ってきて正面には、造作ベンチ。
  • IMG_2514
    • ベンチ上に埋め込んでいるスクリーンを下せば、シアタールームに。
  • IMG_2503
    • 思わず座りたくなる。寝転んだりもできます。
  • 1_DSC2846
    • 間仕切りを斜めにしたことでリビングとゆるやかに区切られ、広がり感が増しています。
  • IMG_2521
    • リビングの一角にあるご主人の仕事部屋。カウンターテーブルも部屋の形に合わせて造作しました。
  • ガラス窓のオフィス
    • 友人を招いた際には開放できるよう、入口は全開口できるようにしています。
  • IMG_2516
    • 「いずれ子供ができて勉強スペースとしても使用するとき、顔が見えるようにしたい」と4連にこだわった室内窓。リビングの意匠性を高めています。
  • IMG_2524
    • 壁付けだったキッチンを対面に。グレーの天板がインテリアになじむ、GRAFTEKTのキッチン。
  • 2_DSC2839
    • ブルーのクロスに映える、月のような真鍮の照明。ダウンライト以外の照明は全て施主支給品です。
  • IMG_2513
    • サンワカンパニーの洗面台。忙しい朝も2人並んで身支度ができます。
  • 3_DSC2889
    • 2階に新設したランドリースペース。手洗い・洗濯・乾燥機・室内干し・収納まで、全てここだけでできるようになっています。
  • IMG_2507
    • 奥様の仕事部屋。見られたくない内容も多いので、完全個室として2階に設けました。
  • IMG_2509
    • やさしい雰囲気の寝室。
  • IMG_2510
    • 階段は既存のままですが、内装と照明が変わるだけで全く違う雰囲気に。この照明も施主支給です。
  • IMG_2511
    • 窓側の玄関収納を既存のまま塗装することで、コストを抑えました。
  • 0_DSC2906
    • 仕事も家事もはかどるおうちになりました。
  • 5_DSC2824
  • IMG_2514
  • IMG_2503
  • 1_DSC2846
  • IMG_2521
  • ガラス窓のオフィス
  • IMG_2516
  • IMG_2524
  • 2_DSC2839
  • IMG_2513
  • 3_DSC2889
  • IMG_2507
  • IMG_2509
  • IMG_2510
  • IMG_2511
  • 0_DSC2906

デザイン関係のお仕事をしているご夫婦。コロナ禍でテレワークが増え、仕事柄必要な作業スペースが足りなかったり、お互いの会議の声が聞こえたり、この家に住み続けるのは無理だと思い、住み替えを決意。

 

親族が所有していた物件を購入し、建て替えて新築するかリノベーションするかで悩んでいましたが、法規的な制約から新築を諦めリノベーションすることに決められました。

 

そのまま住むには建物が傷んでいたため、滞在時間の長い1階は下地と断熱材を全て新しくしていますが、やりたいことを実現しつつ予算内に抑えるため、実は間取り自体は既存と大きくは変えていません。

 

唯一大きく変えたのは、ランドリースペース。元々は1階洗面室にあった洗濯機を2階に持っていくことで、来客も多い1階から生活感をなくし、乾燥させた衣類をしまいに2階へ運ぶ動作もなくせました。

 

1階・2階に夫婦それぞれの仕事部屋を設けましたが、友人を招くことも多いため、1階の仕事部屋は来客時は解放してリビングの一角に取り入れられるようにしました。

 

1階の建具は高さオーダーして天井までのハイドアにしたり、白いクロスを極力使わないようにした各部屋の内装や、仕事部屋を囲むブラックの室内窓など、デザインにもとことんこだわりました。

 

リビング周りの照明は、スマートスピーカーと連携して音声操作ができるようになっています。

 

デザイナー夫婦のこだわりがたくさん詰まった、素敵なおうちになりました。

 

 

リノベーション後の暮らしが分かるお客様インタビューページも、ぜひご覧ください。

戸建てリノベーション | 仕事や家事がはかどるデザイナー夫婦の家

REFERENCE DATA リノベーション情報

BEFORE 施工前

BEFORE

AFTER

杉村菜摘

細部の1つ1つにこだわれることや、割り切って使えるものは既存利用してコストを削減するなどは、リノベーションならではのメリットです。
新築を諦めてのリノベーションでしたが、自分達らしさを実現でき、大変ご満足いただけました。

TOP