REFERENCE リノベーション実例

マンションリノベーション|家族の時間を大切にできる家

  • 家族の時間を大切にできる家
    • 元々和室だった空間を取り込みリビングに窓が2つになったので、とても明るく感じます。
  • 家族の時間を大切にできる家
    • いずれ夫婦の寝室となる予定の和室部分の間仕切りを可動式に。普段は開放的にリビングの一部として、お子様のプレイスペースとしても使えます。
  • 家族の時間を大切にできる家
    • アイランドキッチンを囲う壁は少し高めに設計しているので、キッチンが片付いていなくてもリビングからは見えません。
  • 家族の時間を大切にできる家
    • キッチンは念願のオールステンレス。汚れや熱にも強く、ストレスがかからないと聞いて取り入れました。キッチンにいてもお子様の様子がよく見えます。
  • 家族の時間を大切にできる家
    • キッチンの壁面収納たっぷり収納ができます。奥様の好きな色の壁紙でよりキッチンに立つのが楽しくなるように。
  • 家族の時間を大切にできる家
    • 扉を閉めると収納の中が多少散らかっていてもすっきり見せられます。
  • 家族の時間を大切にできる家
    • 和室の板の間だった空間を利用して、ワークスペースを造りました。将来はお子様がここで勉強してくれたらいいなとのこと。
  • 家族の時間を大切にできる家
    • 真鍮のアクセサリーはご夫婦がネットで購入。床の柄はキッチンタイルとおそろいにして、後ろに収納もたっぷりです。
  • 家族の時間を大切にできる家
    • 夫婦の洋服・バックもお子様の洋服もひとまとめにしたファミリークローク。壁紙も遊んでみました。
  • 家族の時間を大切にできる家
    • お子様と2人で並べる幅の洗面台。
  • 家族の時間を大切にできる家
    • お風呂はお子様と一緒に入っても狭くないようサイズアップしました。
  • 家族の時間を大切にできる家
    • 少しでも広く見えるように斜めの框に。こだわりのチェッカーガラスの扉が出迎えてくれます。
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家

妊娠をきっかけにマイホームの購入を考え始め、職場復帰することを考えたときに、とにかく仕事が忙しいので引越しやリノベーションのタイミングは今しかないと思い、育休中にリノベーションを決意。

 

子供が小さいうちはリビングを広々と使い、いずれは個室の数を増やせるよう、リビングの一角に設けた畳スペースは可動式建具で個室としても使用できるようになっています。

 

LDKから洗面室に入るため、ご飯の支度をしながらの洗濯や、子供をお風呂に入れるのが楽になります。

洗面室の目の前の畳スペースに室内物干しを取り付けたので、洗濯の動線が良く、来客のときは扉を閉めれば洗濯物を隠してしまうこともできて便利です。

 

キッチンの腰壁には黒板兼マグネットの塗料を塗って、子供がお絵かきを楽しんだり保育園の作品を貼ったりできるようにしました。

家族の写真を飾れる棚や、好きな本・漫画・アルバム・絵本のための本棚も造り、リビングは家族の好きなものに囲まれています。

REFERENCE DATA リノベーション情報

BEFORE 施工前

  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
  • 家族の時間を大切にできる家
BEFORE
家族の時間を大切にできる家

拡大する

AFTER
家族の時間を大切にできる家

拡大する

築年数
23年
家族構成
ご夫婦+お子様1人
施工面積
75㎡
施工金額
1000万円
工期
2ヶ月半
WAKATTE

■担当者一言
念願の自宅のリノベーションでした。
当初は将来のことを考え個室が3部屋あることを優先してリビングとお風呂はもう少し狭くなる予定でしたが、今しかない幼い子供との触れ合いの時間を大事にしたいという想いが強くなり、このような間取りになりました。
いずれ子供がリビングで勉強できるように作ったワークスペースは、テレワークで重宝しています。

TOP