COLUMN 住まいの豆知識

片付かない部屋には理由がある!

30年前と現在の住まい不満足度調査で共通して1位のもの。
それは「収納スペース」です…!

お仕事、育児、家事に加えて毎日の片付けをすることはとっても大変ですよね。
片付けているつもりなのにすぐ散らかる。片付けがそもそも得意ではない。
なぜ片付かないのか理解出来ない!など、片付けや収納に関するお悩みはつきません。

そのためこのコラムでは、

・片付かない部屋の原因
・片付かない部屋の改善方法

をお伝えしていきます!

片付かない部屋の原因 ①物が多くて収納が少ない→分類をする

「物が多くて収納が少なく片付かない」というお悩み。とてもよく聞きます。
このお悩みの解決方法は「まずは物を減らす事」です!

ですが、これが最も難しいですよね…
何年もかけて増えてしまった物は、少しずつでも良いので整理整頓して片付かない原因を解消していきましょう。

コツとしては「要る物」と「要らない物」に分けることです。
更に要る物の中でも「よく使う」「たまに使う」「めったに使わない」など頻度で分けてみましょう。
要らない物に関しては「処分」「人にあげる」「バザー・オークション」と分けてみます。
どちらにも当てはまらない場合は「迷いの物」として、期限を決めましょう。

この作業を本・雑誌、書類、服など片付かないアイテム別にやってみましょう!

「いつか使うかも…」とついつい取っておきがちな大量の紙袋や食器。
これは、片付かないの原因になります。

そうならないために、スペースに収まるだけの「適量」を取っておきましょう。そうすることで片付かなかった「いつか使うかも」達がスッキリします。

片付かない部屋の原因 ②物に合った収納ではない→指定席を作る

「要る」「要らない」が分類できたら、使いやすく収納してみましょう!
収納家具や引き出しの中にそのまま物を入れても、実は使い勝手が悪くあまり片付きません。

そのため、物のサイズに合った使いやすい収納用品を使って物の「指定席」を作ってあげます!
100均で売っているクリアケースやホームセンターにある整理トレーを使用すると良いです!

【脱】片付かない部屋!〜WAKATTEのおすすめ収納グッズ3選〜

①カインズホーム 整理トレー

②無印良品 仕切りスタンド
https://www.muji.com/jp/ja/store/search/cmdty/%E4%BB%95%E5%88%87%E3%82%8A%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89

③IKEA ヴァリエラ
https://www.ikea.com/jp/ja/p/variera-box-white-30177257/

WAKATTEのショールームでは上記のアイテムを使った収納術を見ることが出来ます!
是非、お気軽にご来店下さい。

片付かない部屋の原因 ③部屋の間取りに問題がある→リフォーム

ここまでは、物の量や収め方を変えて、片付かない部屋の解消法をお伝えしてきました。更に家事効率が良く、ママが楽になる部屋にするには間取りを考える必要があります。(ここからはWAKATTEならではの目線でお伝えします!)

リビングダイニング
ー Before

リビングダイニングは家族みんなが集まる場所です。当然、家族が使う様々な物の収納場所(=指定席)が必要で片付きにくい場所ですよね。例えば、爪切りや文房具、裁縫道具、薬、書類関係など。家族に「あれどこにしまった?」と聞かれて「自分で探してよ!!」とイライラすることありませんか?その他にもプリンターやパソコンなどの置き場も必要になります。

しかし、ほとんどの場合LDKには収納がなく手を加えないと片付きません。後から家具を買い収納を補うこともいいのですが、家具と壁・床の間にホコリがたまり掃除がしにくくカビが発生するリスクがあります。

ー After

①TVボード
爪切りや耳かき等の小物類やはさみのり等の文房具、裁縫道具、薬、書類は見やすく取り出しやすい収納に置くことで、家族に「あれどこ!?」と聞かれずに済み、ママのストレスも軽減出来ます。
壁に造り付けの家具にすることで、家具と壁・床の間に隙間が出来ずにホコリやカビの発生を抑えつつ片付く空間を作る事が可能です。

②ワークコーナー
リビングの一角に家族みんなで使えるワークコーナー。子供の宿題はもちろん、パソコンやプリンター置き場にすることも出来ます。

水廻り
ー Before

脱衣洗面室には、浴室用品、洗濯用品、洗面用品を収納する要素が必要になりますが、この配置では収納が足りず、床や他の場所に物が溢れてきてしまい片付かなくなってしまいます。

ー After

WAKATTEのプランでは浴室用品、洗濯用品、洗面用品を収納する要素を取り込みました!

①洗面台背面収納
洗面台の背面には収納スペースを設けてタオル、下着、お風呂掃除用具を収納出来るようにしました。

また洗面台は引き出し収納をつけて、ドライヤー、くしなどの指定席をつくることですっきり収納出来ます。物に合ったサイズの収納ケースを用意することで使ったら指摘席に戻すことが習慣付き、片付きます。

②洗濯機廻り
また洗濯機の上には洗剤やタオルを収納できる棚を設置。ハンガーパイプを吊り下げることで洗濯機から出してすぐに干すことが出来ます。

この間取りではキッチンと洗面室がつながっているので、タオルの替えなどすぐに取りに行くことができ導線がとても楽になります。

まとめ

「片付かない部屋」を解消する方法はみつけられたでしょうか?
WAKATTEが考える片付く部屋のポイントは「物の指定席」を作ってあげることです。
まずは、片付かない原因を把握し手順を追って片付く部屋にしていきましょう。

WAKATTEのショールームでは、この記事でご紹介した収納術や導線について実例をお見せしながらご説明出来ますので、お気軽にお問い合わせください!(オンライン相談も承っております。)

気になるキッチン・パントリーの収納方法についても、ご案内できます。
WAKATTEおすすめの収納グッズを100%活用する方法を一緒に考えましょう!

こちらの記事もオススメです

TOP